Sponsor

2015年7月に始まった無期限の旅。

シリアの人から教えてもらった、大切な2つのことは、
「家族を大切にすること」
「夢を持つこと。そして、夢を持つ人を応援すること」でした。

写真1

 

旅の最初は、母とベルギー・スペインを旅行し、
その後、協力隊として活動する彼女を訪問するためにガーナに。

大切な人と共に過ごす時間を過ごしました。

 

その後、ヨルダンから始まるシリア難民を訪ねる旅は、
トルコ・イラク・ギリシャ・フランス・スウェーデンと続きました。

シリア難民や難民支援に関わるNGOの人たち、そして、
町に住む人たちから色々な話を聞くことができました。

 

現在、「大切な人を大切にする」という行動、
シリアの今と昔を伝える講演活動、そして、
シリアの人たちのための活動の準備をしています。

このような旅を前に、スポンサーとして声をかけさせていただいた際に、
まだ不透明な僕の旅に快く、ご支援くださった企業があります。

本当にありがとうございます。

 

スクリーンショット 2016-04-04 19.09.38

神戸神奈川アイクリニック様:目が悪い人にとって、旅する際に非常にネックとなるのはコンタクト用品の重さ!レーシック手術をして行ったことで、荷物が少なくなるだけでなく、手間暇が劇的に減って、最高でした!カウンセリング面でもすごく安心させてもらえたクリニックです。(「レーシック、気になるけど不安」だった僕が、協力隊や旅人にレーシックを勧める5つの理由)

 

GD-firsttime

Global Data様:世界中がネットでつながっている…と思っていましたが、フリーWi-fiは案外、西アフリカでは数が少なく、非常に重宝しました。イモトWi-Fiは、アフリカの村でもWi-Fiが使えました!世界で情報発信をしたい方は是非ともオススメです。

 

また、以後は「旅」ではありませんが、今後、シリア難民の人たちのための活動をさせていただくにあたり、ご支援いただける団体・企業様がありましたら、是非、お声がけのほど宜しくお願い致します。

 

具体的なアクションにつきましては、今後、形にしていく中で、発表をさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です