ムヒカ元大統領の講演会を受けて。〜あなたが欲しいものはなんですか?〜



 

「あなたが一番ほしいものはなんですか?」

ムヒカ大統領の講演会のあと、集まったメンバーに対して、
プロギャンブラーのぶきさんから、そんな質問が投げかけられた。

一同、考える。

これを読んでいるあなたは、どんなことを思い浮かべただろうか。

ブランドのバッグ
家や車
有り余る富
世界一周すること
自由な時間
健康、若さ
幸福
仲間
・・・

様々な答えがある。

さて、ここでもうひとつ、僕から質問してみたい。

「あなたが既に持っている大切なものはなんですか?

それを3つ、考えてみてください」

友達
家族
今の自分
i phone
自由な考え方
・・・

これも様々な答えがあると思う。

僕は、有り余る富はないけれど、家族・仲間・時間・健康に不満はない。

それもあって、最初の質問「あなたが一番ほしいものはなんですか?」と聞かれたとき、
「シリアの平和」というのを思い浮かべた。

それは、自分の力では実現不可能だからだ。

富や名誉、健康な生活は自分の努力次第で不可能ではない。
家族や仲間は、自分の内面を変えることで、大きく変化することができる、と信じている。

けれど、戦火に巻き込まれてしまった友人たちの住むシリアの現状は、
僕個人の努力の範疇をはるかに超えている。

ムヒカ元大統領の言葉でこのようなものがあった。

「挑戦しているときは恐怖を感じない。
 しかし、「持ってしまう」と失う恐怖が生まれる。
 恐怖があるとき、人は幸福を感じられない。
 より良いものを求めて闘争するときには、恐怖はないのだ」

実現可能なものの中から「夢」や「希望」を見つけ出すのか。
それとも、実現の可能性がまだ見えないようなものに挑戦することを「夢」とするのか。

また、ムヒカ氏は言う。
「必ず自分の掲げた旗を受け継いでくれる人がいる」、と。

「人は生きている。
 生きているということは、死に向かっているということだ。
 人生という時間は有限なのだ。
 その有限の時間の中で、どのように生きるのか。
 なんのために、時間を過ごすのか」

今日を、どう生きるか。
今日が終わったとき、また死へ一歩、近づいている。

早く過ぎてほしい1日を過ごすのか。
楽しく愛おしい1日を生きるのか。

ムヒカ大統領のスピーチ
  

ムヒカ大統領のインタビュー




One thought on “ムヒカ元大統領の講演会を受けて。〜あなたが欲しいものはなんですか?〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です