【参加者募集】履歴書に書ける旅vol.3〜楽しいから始めた旅が、未来の私を変え始めた

 

 




 

 

今、就活真っ只中のあなた!
今、転職を考えているあなた!
本当にやりたいことが探してる、あなた!
そして、どうしても叶えたい夢があるあなたに!

 

過去2回、のべ200人が感動し、
何人もの参加者が、世界一周の旅に出た伝説のイベントが帰って来ました!!

「キャリ旅(キャリアにつながる旅)」第三弾!

 

 

あなたの一歩を応援する、
ハートフル、かつ情熱のトークライブ!
旅を「思い出」だけにするんじゃなく、
未来の「キャリア」にしたって良いんじゃない?

 

“新しい視野の共有と出会いの場を”をテーマにアクティビティを通じて人と人を繋げるコミュニティ平日会の元・代表。
過去にはアジア中心の一人旅、今春はNZへの語学留学、今秋からベトナムで協力隊派遣とフットワークの軽さがウリの女の子。
シェアハウス在中やさまざまな仕事経験から、自身はもちろん周りの人にも価値観を広げ続ける26歳、ゆりか。

 

 

商社を辞めて、フィリピンの貧困地区を支援するNGOのボランティアへ。
その後、平和だった頃のシリアで協力隊として、母子保健活動に従事。
最近までシリア難民をめぐる旅をし、それらの経験を伝える34歳、へむり。

 
そして、世界一周から帰ってきた旅ガールを招いて、
「未来の自分を変えた旅」をテーマに話していただきます!

 

 

【こんなあなたにオススメ!】

いつか世界一周に行きたい方
新しい一歩を踏み出すか悩んでいる方
やりたいことを周りに反対される方
やりたいことを探している方
国際協力に関わりたい方
そして、旅を愛する全てのみんなへ

 

【日時】5月29日(日)18:55〜21:15 (18:30 開場)
【場所】中央公会堂 小集会室(3階)
大阪市北区中之島1丁目1番27号
http://osaka-chuokokaido.jp/access/index.html

●地下鉄御堂筋線/京阪電鉄 「淀屋橋」駅下車
1番出口から徒歩約5分
●地下鉄堺筋線/京阪電鉄 「北浜」駅下車
22号出口から徒歩約6分
●京阪電鉄中之島線 「なにわ橋」駅下車
1番出口から徒歩約1分

 

【定員】100名

 

【申し込み】 告知ーズより。→http://kokucheese.com/event/index/392509/

Facebookはこちら。正式申し込みは、告知ーずからとなります)

 

【参加費】2000縁
・イベントをシェアしてくださったら…【500縁引き!受付でお申し付けください】
・学生の方は…【500縁引き!】(シェアもして下さったら、【1000縁】となります)

※イベント後、30名限定で懇親会を行ないます。
参加希望の方は、申し込み時に参加希望の連絡をお願い致します。

 

【Time Schedule】
18:30-18:55 受付
18:55-19:00 趣旨説明
19:00-19:30 1st Speaker
19:30-20:00 2nd Speaker
20:00-20:30 3rd Speaker
20:30-20:50 Workshop
20:50-21:00 会場からのQ&A
21:05- 写真撮影、アンケート記入、撤収作業

21:40-23:00 懇親会(会場近くのお店にて)

 

 

【スピーカー】

●柳瀬 友梨香

13010806_936272553157117_1269207159423942217_n unnamed

幼い頃は、三つ編みをし、ファミリアの服をきていた、なんちゃって泣き虫お嬢様。”親にとっていかにいい子ちゃんでいられるか”いつも周りを気にして育ち、親の敷くレールに向かって進んでいた。

 

高校時代、鬼コーチの下でバレーボールを3年間続け、並大抵ならぬの体力と精神力を培った。
大学時代、医療系大学であったにも関わらず、”華の大学生活を送りたい”という一心で、勉強以外の空き時間はバイトとサークル活動に明け暮れる。その時に、”時間はみんな平等で有限。動けるうちにうごかんと”と、予定を詰めまくるようになる。

 

たまたま、その当時キャッチーだった、海外旅行にいくことで、自分の思い描いてる大人像と全く他違う人たちを見てしまい、今までいい子ちゃんをしていた私とはさよなら。
本やネットの情報だけではリアルは伝わらない、ちゃんと体感しなければ!と思ってから、
自分の知らない文化や景色を自分の目で見てみようと、さらにフットワークが軽くなる。

 

そして、リハビリを受ければみんながみんな良くなって家に帰れると夢を抱き、理学療法士として病院で勤務開始。しかし、半年後には”人の身体は完璧に治らない”ことにやっと気づき、じゃあせめて”ここでリハビリして良かった!て思えるリハビリを提供したいと思い、その人に寄り添うためのコミュニケーション能力向上を図る。

 

どんな人の価値観も受け入れて親身に寄り添う、そのために自分の価値観を広げるため、2年間ほぼ毎日誰かと会って話をする生活を送るようになる。

 

いろんな刺激を受ける中で、自分も周りの人に何か出来ないかと考え、2014年5月に”平日会”を設立。価値観の多様性に触れることを目的にアクティビティを通して、人と人を繋げる活動を行う。1年未満で100人を超えるグループとなり、運動会やBBQ、スノーボードなど企画。

 

2014〜15年にかけて、本職をこなしながらもアルバイト掛け持ちし、初のアジア1人旅開始。さらに、TABIPPO2015 at Osakaの渉外部所属、週間マガリでの上にある”メゾン一服”でのシェアハウス生活もスタート。

 

へむりとのつながりきっかけで、2015年春募集で協力隊へ応募するも、TOEICはずたぼろ、2次試験は遅延による遅刻、面接ではアジアしか行きません!とへりくつを通すも、奇跡的に合格。2016年2月に退職し、NZへの短期留学、タイのソンクラン参加、シンガポール一人旅、マレーシア10時間弾丸トリップを決行。合間合間に掛け持ちしているアルバイトを4つやりくりしながら、ベトナム語を勉強中。

 

2016年秋より、理学療法士としてベトナムの市民病院へ派遣予定。

 

 

 

●へむり。(中野 貴行)

318072_3795932530777_1223376276_n unnamedisnta

小学生時代、アフリカの飢餓の子どもの写真を見たことをきっかけに、
「世界を幸せにするために働きたい」という夢を持つ。

 

しかし、どうやって実現すれば良いか分からず、悩みに悩む学生生活を送る。
商社に就職後、自分の人生の時間の価値に気付き、ボーナスの査定のときに退職願いを提出。

 

退職の3日後にはフィリピンに飛び、NGOボランティアに従事。スモーキーマウンテンの調査などを行ない、
帰国後は同NGOのインターンとして活動後、協力隊として中東シリアに。
「危険」とマスコミで言われる地で、平穏と愛に囲まれ、母子保健活動を軸に様々な人たちを結びつけていく。

 

2010年に帰国後、講演、通訳、イベント企画、代理店業などを営む。
Tabippoなど旅系のイベント、戦争・イスラムに関する勉強会や市民講座、
新人研修や小中高大の学校でのキャリア教育で講師として活動。

 

2013年から大阪でシェアハウスをはじめ、シェアハウス内外で、のべ5000人以上を巻き込んで
「大人が楽しくないと、子どもも楽しくない」という信念の元で、交流イベントやトークライブイベントを実施。

 

2015年7月から期限を決めずに世界半周の旅へ。
母とのヨーロッパ旅行、協力隊で活動する彼女の住むガーナ滞在、シリア難民の住む
ヨルダン、トルコ、イラク、ドイツ、スウェーデンなどを訪問し、2016年3月帰国。

 

NGOや友人の人脈に助けてもらいながら、シリア難民の生の声を聞いた旅の経験を全国で広めながら、
平和なシリアの記録と記憶を残す【Piece of Syria】、シリアで出会った少女の夢のバトンを受け継いで、夢を叶える学び舎を創る【Peace of Syria】という構想を現実にするために行動している。

 

★Movie:http://www.youtube.com/watch?v=GvfQnn__YZo

 

 

and more…!

 

   

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です